鳩は昔から人との関わりが長い鳥です

鳩は大昔から人と身近な鳥で世界の分布も大変広い鳥なんです。ちょっと昔では祝い事で白い鳩が放たれている光景があったらしいですが、今では見ることすらないです。
そんな平和の象徴でもある鳩は今では人から嫌われ者扱いされてとてもかわいそうな立場なんですが、都会ではそれにも負けず一生懸命生きている鳩なんです。

鳩は昔から人との関わりが長い鳥です > 野生の鳩の都会での一日の生活

鳩は大昔から人と身近な鳥で世界の分布も大変広い鳥なんです。ちょっと昔では祝い事で白い鳩が放たれている光景があったらしいですが、今では見ることすらないです。
そんな平和の象徴でもある鳩は今では人から嫌われ者扱いされてとてもかわいそうな立場なんですが、都会ではそれにも負けず一生懸命生きている鳩なんです。

日本の鳩ドバト

都会の鳩はもともと1500年くらい前に外国からきた外来種でカワラバトといって一般的に日本ではドバトと呼ばれていて、もともとニワトリのように肉や羽の利用のためと昔の通信の役割で伝書鳩として飼われていたのでもとは野生の鳩ではないんです。

それがいつの間にか逃げて今では野生に近い鳥になってしまったのですね。

今では都会の鳩は糞や羽などで嫌われていることが多いのですがそれでもしっかり生きている鳩なんです。

鳩の一日

鳩はビルやコンクリートでできている建物が大好きです。昔それらがないころは岩場の隙間などで巣をつくり生活をしていました。

その巣から餌場へ移り休憩場所に寄って帰る単純な一日なんです。どの鳥もそんなもんでしょうけどね。

餌場は大体決まっているのでその近辺で休憩をしたり新しい休憩場所を探したりまた子作りのための巣をつくる場所を探したりしているのでしょう。

公園やいたるところで見る鳩ですが鳩の雛は見かけないですよね。
鳩は、卵を産んで雛が大人になるまでがすごい早くて年間の間に何回も卵を産むのです。卵から生まれるまで2~3週間でひなから大人になるまで1か月ほどですから見るまもなくヒヨコが大人になっているんです。

その成長の速さの秘密は鳩が雛に与えるエサで親が口から与えるピジョンミルクが大きな影響を与えているといわれていて、いまだに鳩がどんどん増えているのはこのピジョンミルクの高たんぱく質のミルクのおかげではないでしょうか。

鳩の一日から脱線しましたが、鳩の行動はほかの鳥と同様に単純ですがいつでもいつでも居心地のいい場所を探しているのではないでしょうか。

鳩の由来と人との関係

鳩がなぜハトなのかそれは鳴き声からきているといわれています。鳩の鳴き声が「クルックル~」となくように「九」という字が使われた説や鳩がパタパタと飛んでいくさまから「ハト」とよばれるようになったなどもあります。

鳩は昔のオリンピックの開会式では平和の象徴なのでしょうねたくさんの鳩が放たれていたそうなんです。
戦時中には平和の象徴とは逆に戦争のための道具としてもつかわれていました。
鳩の最大の特徴で体内時計や地磁気などによる方角や戻る場所がわかる帰巣本能を利用した通信伝達に伝書鳩として利用されていたんですね。

手紙より数段早く人が行けないとこでも伝達できる今でいう電話の役目をしていたのでしょう。